0
¥0

現在カート内に商品はございません。


~

2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             

が定休日です。


2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

が定休日です。

中国アパレル仕入れの欠点


個人物販にも高まる中国仕入れ

最近のネットビジネスの中には、様々な商品を海外から仕入れて日本国内で販売をすると言う方法が注目を集めています。その中でも中国アパレルはコストが安く、戦略次第によっては高い利益を得ることができるものであるため、参入したいと考える人が少なくありません。
中国アパレルの特徴は原価が非常に安く、そのためブランディング戦略によっては高額で販売することができるので高い利益を得ることができるものとなっています。色や柄、品質などを統一し、ブランドイメージを高めることができれば効率よく販売することができ、利益を得ることができるのが特徴です。そのためやり方によっては大きなメリットが得られ、かつ手間がかからないものと言うイメージを持つことが多いものです。これが多くの人がこの分野に注目をする大きな理由となっています。
→中国輸入は国内せどりより稼げる?やり方とおすすめ商品を解説!


中国仕入れに起こる問題

しかし、様々なデメリットを十分に認識した上でこれを意識したビジネスを行わないと、トラブルを発生させてしまう危険もあるため十分な注意が必要です。
中国アパレル仕入れには注意しなければいけない欠点も多数存在します。
1つは粗悪品が多いと言う点で、中国製品を購入したことがある人なら分かるように、縫製の新菜荒さや梱包のいい加減さは商品価値を失うものとなることが少なくありません。これは日本のように工場内での品質管理が十分に行き届いていないと言う事から来ており、現地でその品質管理を徹底させる仕組みが十分に行き届いていないことが原因です。日本の場合には様々なルールが確立されており、これが企業イメージを高めることになるため多くの工場では積極的にその仕組みを導入し、徹底した品質管理を行っていますが、現地ではこれが十分に行き届いていないため、利益を重視する工場などでは粗悪品を次々と生み出してしまう現実があるのです。
→【中国輸入】商品を検品する際の注意点|安全に販売するために



さらにこの粗悪品が多いと言うことに関連し、これに対するクレームが発生しやすいと言う点が一番の注意すべきポイントです。日本の工場の場合には商品と紹介画像が一致しており、またその表現にも非常にきめ細かい表現がなされているので、安心して仕入れを行うことができるのですが、中国の場合にはこれらの管理が行き届かずにサンプルとは異なる商品が送られてくることも少なくありません。またその場合に返品交換等に応じてくれない場合も多く、これが様々なトラブルを生み出してしまうことになります。この点は工場によってまちまちであるため、信頼できる品質レベルの高い工場を見つけることが重要なポイントとなっています。


日本との基準の違い

加えて、日本と現地では品質基準が異なる点にも注意が必要です。日本の場合には家庭用品品質表示法の規定が存在しており、これに準じた表示をタグによってつけることが義務付けられていますが、現地には基本的にはこのような仕組みは存在していないため、これを販売者が自ら準備することが必要となります。良心的な工場であれば要求に応じてタグを用意してくれる場合も多いのですが、そのために余分なコストが発生することも多いのでこの点は十分に意識することが必要です。
アパレルで注意しなければならないポイントは、集客が非常に難しいと言う点にあります。
日本国内で既に名前の通ったブランドであればそのコンテンツなどが充実していなくても多くの人がそのイメージを理解しているため、多少でも価格が安ければ集客を行うことができるのですが、中国アパレル仕入れの場合にはそのブランドイメージを確立することが難しく、コンテンツの充実や様々な集客対策などを積極的に行わなければ、なかなか思うように売り上げを伸ばすことができません。さらに多少なりとも購入してくれた人からクレームが上がるようであれば、マイナスイメージが先行してしまいビジネス自体が失敗に終わってしまう危険性もあります。そのため、これらに対する対策を事前に十分に確立した上で対応することが、非常に重要なポイントとなっています。
→中国輸入アパレル販売で知っておきたい洗濯表示やタグ付け方法とは?
→中国輸入アパレルは洗濯ラベル変更が必要?知らずに販売は危険?



必要なのはリスクの理解と万全な対策

このような条件を踏まえて効率よく利益を上げるためには、そのメリットを前面に打ち出す戦略を立案することが重要です。いわゆる安かろう悪かろうといった商品であることが多いため、このポイントを十分に理解しながら適切な価格で販売することが市場に受け入れられるポイントになります。現地では有名ブランドを真似たデザインのものも非常に安く手に入れることができる場合が多いのですが、日本国内ではこのようなビジネスは受け入れ難いばかりでなく、場合によっては商標権の侵害といった法律上の問題に発展することもあるため注意をしなければなりません。
そのため、仕入れの商品を選ぶ際には十分な注意が必要となります。
品質管理も非常に難しいものであるため、この分野で十分に実績がない場合にはリスクが非常に大きくなると言う危険性があります。クレームが発生しやすいものであると言うことを10分認識し、これに対する対策を十分に確保できなければ、行えるビジネスではありません。


まとめ

個人で海外仕入れを行う場合はこういった細やかなところの対策に目には見えない経費が嵩む場合も多くあります。
魅力いっぱいで個人事業で成功をする人も多いですが、当然顧客の信頼を図るためには海外仕入れ特有の上記の欠点を理解し、より注意を払うことで成り立っているのです。今回着目したことの他にも欠点はあるといえますが、特に検品の精度や強化、返品や交換などに追われることのないようには注意したいものです。
現地自社工場で検品したものだけをお届け!安心安全中国アパレル仕入れは→コチラ

SNS
Facebook
Instagram

カテゴリ一覧

ページトップへ