0
¥0

現在カート内に商品はございません。


~

2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             

が定休日です。


2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

が定休日です。

コロナ禍でアパレルショップが生き残るためには


ファッションのルーツと在り方

洋服は着用するだけで普段の自分とは大きく異なった印象に変化させられる特徴から、古くから外見のお洒落を楽しむ方法の1つとして親しまれてきた歴史があり、人々にとって魅力的に見える対象であったからこそ長い歴史の中にはあらゆるルーツを持ったアパレルショップもあります。また、ファッションは普段とは異なる自分に簡単に変身したり、時と場所に応じた服装に変化させる目的だけに限らず行う行動などに応じても変化させれば、より一層行っている行動の能力が高められます。
→ファッションの心理効果!今より自分を好きになる服装選び


コロナ渦により設けられた新しい生活様式とアパレル

そのようにエンターテイメントとしてはもちろん、実用性という観点でも人々にとって欠かせない洋服を総括的に管理しているアパレルショップが、これまでとは様相が異なるのはコロナ禍が関係しています。
人と人がコミュニケーションを取って過ごす機会が多くなるほどにますます拡大していく特徴がある事が早い段階から判明していたので、世界規模で人々に対して熱心に訴えかけられたのはできるだけ人と会わないようにする事です。
人と会わない事を基本にして日々を過ごしていくという事は、人と約束をして会って食事などを楽しむ行為はもとより、取り分けて予定が無いものの街に出て散策を楽しむ事も例外ではないですし、毎日通っていたオフィスへの通勤も例外ではありません。



コロナ禍ではこれまで人類が長年にわたって積み上げてきた過ごし方を根底から見直す必要性に迫られ、出かける機会が少なくなるという事は同時に時と場所に合わせて着用する洋服も着なくなり購入しなくなるという事です。 そういった根本的に新しい洋服を買い求めるという機会が顕著に減少した事を受けて、コロナ禍になってからは次々と名店の存在感が低下していきましたし、対応した生活を続ける年月が長くなるのにつれて人々の価値観も変化してきています。
アパレルショップの大部分に対して当てはまるのは、好調な経営が長年継続できていた事例でも過去に例を見ないほどに低い数字を記録する事ですが、抜かりなく全てのアパレルショップに共通しているのではなく、中には変わらない数値を記録し続けていたり過去最高を記録している事例もあります。



→地獄のアパレル業界がドーナツ化! 沈む都心、盛る郊外

現行のアパレルショップに求められるもの

コロナ禍によって洋服を取扱し販売している企業の間ではっきりと明暗が分かれた所以は大きな事から小さな事まで多岐にわたり、小さな事で挙げれば各代表から示された営業時間や休店をしっかりと守ったり、営業をしている時にはアルコールによる消毒やマスクの使用を徹底している様子です。 そのようなアルコールを使用した消毒やマスクの使用、営業時間の徹底した厳守は今日においては一般的になっていますが、それぞれを1つずつきっちりと守る事によって、買い物に来てくれているお客様に対して安心感が与えられるようになる上に、結果的には取り扱いし販売している製品に至るまで高い信頼を寄せてくれるようになり、数あるブランドや洋服の中からピンポイント的に選び続けてもらえるようになります。



さらに、コロナ禍ではこれまでに比べると気軽に屋外に出て思い思いに楽しむ事が少なくなっているため、外に出る時には個々が様々な目的を持っている事が多いです。これからの社会では目的を持って行動をする方が多くなる事を思慮した場合に大事なのは、それぞれにとって有していると重宝する製品を作って届ける事です。

アパレルの多くが難しい経営が迫られている中、引き続き好調な売上を記録し続けている事例で共通しているのは、必要としている規模が小さくても求めている人に対してしっかりと製品が与えられている事例です。
現在は年々夏や冬の気温が顕著になってきていて、夏にはより頼もしい暑さができる商品が求められていますし、冬は着ぶくれしないのに十分に暖かく感じられる商品が求められています。

商品リクエスト大歓迎・オリジナルタグ可・小ロットOK!アパレル仕入れは→コチラ

これからのアパレル業界における需要と供給

従来の生活とは大きく異なってきているとしても、生活をするという最も根底にある部分については取り分けて大きな変化をしていないので、着飾る目的ではなく日々の生活がますます快適になる製品があれば大きく変わる世の中でも引き続き消費者に選んでもらえる対象になります。 加えて、コロナ禍になってからコミュニケーションをする方法や仕事をする方法などで目覚ましく飛躍したのがインターネットで、インターネットを利用したショッピングは尚一層経験する人が増えています。
実店舗に訪れて買い物をする方法以外を求めるユーザーも増えてきているが故に、アパレルにおけるショッピングサイトの構築と公開は必要不可欠ですが、ショッピングサイトを構築し公開する時にポイントになるのは既成品を売る事だけに徹しない事です。


アパレルショップが生き残るためにはオリジナリティが鍵

今日では実店舗よりもショッピングサイトでの売上の方が多いお店も少なくなく、あえてショッピングサイトを利用するユーザーの中には実店舗では購入できないオリジナルアイテムを求めている方も稀有ではありません。
オリジナルアイテムであれば在庫を抱える心配が無い上に、同時にショップやブランドのブランド価値も高められる良い方法です。
→無料のネットショップ作成おすすめサービス10選【安くて売れるのはどこ?】

個人でネットショップを開業ならするなら海外から最先端商品を仕入れるのがおすすめ!
現地スタッフ在中、現地に自社工場があるので上記で述べたノウハウや無駄なコストは全て不要!
アパレル卸問屋.com の代行仕入れなら時間をかけずに手軽にオリジナルショップを開設できます。


SNS
Facebook
Instagram

カテゴリ一覧

ページトップへ